1654954330843s
【※エッチな怪文書】

22/06/11()22:32:10No.937567569

くちゅくちゅと、耳朶をくすぐる音がする。

我が夫の舌がそこを愛撫するかのように。もっとも彼の舌が、彼の指が、私の身体で触れていない場所などもはやない。

今までの話ではない。今日一日での話だ。

今日は私がカルデアに招かれた日。我が夫と夫婦()になった日。つまりは召喚記念日。

私が運命と出会った日。

そんな記念すべき日に、我が夫──カルデアのマスター、藤丸立香は夫として最上級の振る舞いを、と約束してくれたが…私が望んだのはこれだった。

つまり夫婦としての営みを。日がな一日、愛し合うことを望んだのだ。

 

 

 

22/06/11()22:33:22No.937568302

故に今日はずっと一日、必要なことをする時以外はベッドで過ごしている。彼のマスター業も一日休息だ。もちろんしっかり今日は終日休みをとるとカルデア上層部には届け出を行っている抜かりない我が夫だが。

一日私とマイルームで過ごすと聞いた彼らの表情はちょっと忘れられそうにない。恥ずかしいので忘れたくとも。

……最も、今やっていることの方がずっと恥ずかしいだろうと指摘されたらまあその通りとしか言いようがない。最悪夫婦だから当然だと居直ってやるしかない。

我が夫に我が身のありとあらゆる場所を触られ舐られ愛撫され、代わりに私も我が夫の口には出せないような場所まで舌を這わせたりした。

もし今、危急の用なりで彼が呼び出される事態になったりでもしたら…全力全開で全て薙ぎ払ってやる。……私が腰砕けになっていなければだが。

 

 

 

22/06/11()22:36:14No.937569806

かわいいよモルガン、と我が夫が囁く。言いながらも彼の曲げた指二本が私の秘所を激しく抜き差しし、グジュグジュと粘性の水音が響く。

汎人類史のモルガンの記憶や知識だけはある私でも、実際に睦み合った経験となれば話は別。ましてこんなにも──こんなにも激しくも穏やかで、骨の髄まで愛を実感しながらされるなど。

快感で熱っぽくなった頭で視線を送ると──おそらくその視線も熱がこもっていたろうが、我が夫が相変わらず私の秘所に指を突っ込んだまま優しく微笑んだ。

やっていることは女を鳴かせるベッドヤクザそのものなくせをして…!しかし子宮が疼くとはこういうことを言うのだろう、きっと。胎の底に熱を感じる。もっと…愛されたくなる。

どうしたの?と聞く彼にキスをねだると、そのまま即座に口を吸われて舌をねじ込まれ…舌を絡み合わせているのに夢中になっている間に私の下半身が勝手に痙攣した。いつの間にか我が夫の指の動きが激しくなっていて、私の下半身は勝手に上り詰めてしまったらしい。

……なんて手練手管。妻の身体など勝手知ったるものと言わんばかりの我が夫。

 

 

 

22/06/11()22:37:16No.937570336

そんなに楽しいですか、妻の身体で遊ぶのが…我が夫(リツカ)。そう荒い息で聞くと当たり前のように、モルガンが気持ちよさそうにしてるのはすごくカワイイ、と返ってくる。

おかしい…少し前まで妻や夫と呼びかけるのにもお互いに赤面し合い、手が触れあっても覚えた温もりが首筋に紅潮として出ているような有様だったはずなのに。なんでこのマスターは。

そんなことをぼんやり考えている間にまた脚を開かされる。彼が優しく太ももにキスして、さっき潮まで噴いていた私の秘所に口付けて…思考がスパークする。私の蜜を啜る音。はしたないにも程があるがそんなものを気にする余裕などない。このままではまた気をやってしまう…一体何度目かなどもう数えてすらいない。

 

 

 

22/06/11()22:38:12No.937570819

彼の頭を押さえてちょっと待ちなさいと制止するとダメ?とでも言いたげな瞳が見つめ返してきた。邪気の無い目。どうも我が夫のこれに私は弱くなってしまった。

……ああそうか。「本心だと分かってしまうから」私は弱いのだ。だからこちらだけ我が夫が口を開くたび。我が夫と問答をするたびに愛情を刻み付けられる。

ズルい。ズルいが、妖精眼というものは普通の人間にとってズルだろう。なので自業自得。受け入れるしかない。

確かな愛情ととびきりの欲情とヘンな純真さでキラキラしている瞳から目を逸らすようにうつ伏せになって脚を閉じる。せめてもの抵抗のつもりだったが彼はそのまま私の尻を割り開き……っ。そのままの体勢で挿入…そして注挿を始めた。

 

 

 

22/06/11()22:39:13No.937571368

身体がのけ反る。自分のものとは思えないような声を上げさせられているだろう。今の今までスローセックスもいいところだったのにまた今日何度目かの彼がケダモノになる時間が来たらしい。

尻を軽く平手で叩かれる。招き入れた我が夫のそれを勝手に締め付けて気持ち良くさせてしまうような自分の素直にも程がある身体が恨めしい。というか恥ずかしい。

もうずっとイキっぱなしの視界が明滅する。もうきっと時間は真夜中。せめて今日が終わるまでは意識を保っていようと……したけれど、耳元でまた囁く優しい声がして。

──かわいいよ、ヴィヴィアン

もうそこからは何も覚えていない。

ただ一つ言えるのは、そこからしばらくの間、我が身は天国にいるようにも感じていたような、ということだった。

 

 

 

22/06/11()22:41:08No.937572476

日付も変わり、ここに幸せな召喚記念日は幕を閉じる。だけれど。

朝起きると相も変わらず我が夫…我がマスター(リツカ)は横にいた。

ずっと一緒にいてくれるのですね、戯れにだが不安半分期待半分でそう聞くと。

「もちろん──”我が妻”」

あんなに動物みたいに交わったのに。

あんなに身も心も許しあったのに。

そんな風にまたいつかのように、赤面し合う私達夫婦だった。

 

 

 

22/06/11()22:41:56No.937572937

藤丸に精力増強の魔術とかかけて一日ずっとマイルームから(ベッドからも最低限)出てこなかった二人の幸せな召喚記念日兼結婚記念日?みたいな日

 

 

 

22/06/11()22:43:14No.937573646

ド直球にイチャイチャしやがって…

 

 

 

22/06/11()22:43:54No.937573994

>ド直球にイチャイチャしやがって…

イチャイチャというかエロエロというか

 

 

 

22/06/11()22:44:40No.937574364

夫婦が夫婦の営みをしている

 

 

 

22/06/11()22:45:10No.937574608

イチャイチャというかエロだよ!

 

 

 

22/06/11()22:45:30No.937574753

普通にえっちなことしてやがる…だと…

 

 

 

22/06/11()22:49:07No.937576596

ふ…夫婦だから…

夫婦ならどれだけエロなことしててもおかしくないから…

 

 

 

22/06/11()22:54:42No.937579331

公平に言えばあんなかわいい奥さんができたら一日ぶっ通しで可愛がることになっても仕方ない

 

 

 

22/06/11()22:54:53No.937579406

ぐだも男だからな…

 

 

 

22/06/11()22:56:50No.937580361

あ…あのー先輩…バイタルが…昨日マイルームにいた時の先輩のバイタルが…

 

 

 

22/06/11()22:59:55No.937581893

> あ…あのー先輩…バイタルが…昨日マイルームにいた時の先輩のバイタルが…

どうしたのマシュ(身体中に赤い跡をつけながら

 

 

 

22/06/11()23:00:53No.937582452

>> あ…あのー先輩…バイタルが…昨日マイルームにいた時の先輩のバイタルが…

>どうしたのマシュ(身体中に赤い跡をつけながら

かたや妻の尻にはぐだの平手の跡がついてるんだよね…

 

 

 

22/06/11()22:57:27No.937580676

妻なら汎モル知識と神域の天才たる魔術を使ってとんでもなくドエロいプレイできそうだもんな…経験は無さそうだけど

 

 

 

22/06/11()23:01:14No.937582634

妻と夫が愛し合ってるだけだ

問題ない

 

 

 

22/06/11()23:01:34No.937582809

理想郷でヤれ