1584364598704s

20/03/30()23:47:30No.675642593

2日目/1時限目/教室

 

「――温度が一定であるとき、気体の圧力と体積が反比例することを示す法則がボイルの法則であり、pV=kと表すことができる。また、圧力が一定であるとき気体の絶対温度は体積に比例するということを示すのがシャルルの法則である。式に示すとこのようになる」

『……………………』

「ここまでが、前回の講義で履修した範囲である。……そして、聡い学生にはもう気づいているものもいるであろうが、この二つの法則は組み合わせることができる。この両者はどちらも定数kを右辺とする式であるため、二つの法則を同時に当てはめた場合……このような方程式になる。これこそがボイル=シャルルの法則と呼ばれるものである」

……………………

「もっとも、この方程式はいわゆる理想気体にのみ適応できる法則であり、実在気体には厳密には適用できないものではあるが。……まあ、高等部のカリキュラムでは理想気体を前提としたものしか扱わないが。興味のある生徒がいるならば、我が研究室の戸を叩くと良い」

『……………………』

……………………

 

 

 

20/03/30()23:48:03No.675642742

「さて、話が逸れたか。ところで、パラケルスス教授の講義で学習したと聞いているが、アボガドロの法則というものがある。この法則はボイル=シャルルの法則にも適用可能である。気体定数の値を求めるために圧力、体積、温度に理想気体の条件を当てはめてやれば、このように算出可能である。つまり、気体定数kはこのように表現することもでき、両辺の式を整理することで、こう表現される。これこそが、理想気体の状態方程式である。ここまでで、何か質問のあるものは?特に転入生二人、授業進度に問題はないだろうか」

…………あの、バベッジ先生。質問ではないのですが、一つよろしいでしょうか。

「どうした」

……先生が出す蒸気と先生の身体で、黒板がほとんど見えません。

「…………なんと」

 

 

 

20/03/30()23:48:23No.675642844

学園特異点にレイシフトするマスターと皇女怪文書その8です

 

 

 

20/03/30()23:52:26No.675643967

科学知識をラーニングして強くなろうとしてる沈黙と思ったらそんなことは無かった

 

 

 

20/03/31()00:06:11No.675647691

皇女は何となく理系に強そう

 

 

 

20/03/31()00:07:16No.675648000

エアコン利かせないとやってられなさそうな部屋だ