1582814158782

20/02/27()23:35:58No.666723713

まるで大地が彼方へとんでいくかのようです。

窓の外を眺めながら私は思います。

この景色を肴にしたお酒はさぞかし旨かろうと。

しかし、残念なことに機内には少量のぶどう酒しかないとのこと、量が無いのが残念ですが立香との談笑を肴とします。

そう言えば経緯がまだでしたね。

ご存じの通りカルデアスが安定しました。

なのでサーヴァントもマスターもお役ご面倒となりました。

私、長尾景虎も退去する予定だったのですが

なんと、立香が私の元に聖杯を持ってきて

「お虎さん。俺はあなたと共に歩いて行きたい」

などと言い出すのです。可笑しいですよね。

弱き者どもの世、毘沙門天の化身たる私などその手に余るもの、それでも一緒にいたいなど相変わらず分からない人です。

ですが彼と共にいるのは心地よいですし、受肉を受け入れました。

この世のお酒を堪能するのも悪くないですし。

そうして、役目を終えた私たちは飛行機にて故郷への旅路についたのです。

 

 

 

20/02/27()23:36:20No.666723853

などと想いにふけっていると、轟音が響き、機体が大きく揺れ出したではありませんか。

何が起きたのかはよく分かりませんが、窓の外を見てやれば地面がこちらに飛んで来てるではありませんか

勝手を知ってそうな立香を見やると、何やら面白そうな事を考えていそうです。

ちょっと問い詰めてみようかと手をゆすってみましょうか。

立香は真面目な表情でこちらを見つめたと思えば、抱き締めて来るではありませんか。

それと同時に、より大きな衝撃と共に視界が真っ暗になりました。

 

 

 

20/02/27()23:36:33No.666723924

「落下地点はここだな」

辺り一面に残骸が散らばる森の中に重装備の男達がたどり着く。

「奴ら、派手にやりやがったな。こりゃー触媒を見つけるのは大変だな。形が残りゃいいけどな」

男の一人がつぶやく。

「火避けの加護をかけてある。無駄事を叩く前に働け」

リーダーの男が急かす。

彼らには時間がない、救助隊が来る前に証拠も含めて撤収しなければならない。

「必要なのは男だけだったな?女はいいのか?元英霊だろ」

「極東のさらに田舎の女など、買い手がつかない。国連に隠れての死体密輸も簡単じゃないんだぞ」

「オーケー、とっとと探すか」

 

 

 

20/02/27()23:36:50No.666724034

捜索が始まって数刻、男たちに焦りが見える

乗務員の死体は全員見つかった。

撃墜に使用した無炸薬ミサイルの弾頭も見つかった。

皆即死のような傷を受けている以上、乗客も同様だろう。

座席と遺留品はある。散らばり方を鑑みるとそう遠くには飛んでいない筈だ、なのに乗客の二人だけがいつまでも見つからない。

「畜生!大体なんでこんなやり方なんだ!日本で拐えばいいじゃないか!」

短期な男がショベルを投げ捨てながらぼやく。

「カルデアからのチャーター便、それを逃せば国連によるたらい回しで振り切られる。なんならカルデアで怪物(英霊)とやりあうか?」

「おや?呼びましたか?」

リーダーの男に対し問いかけてくる女性の声、回収部隊の一同が声の方向に注目する。

 

 

 

20/02/27()23:37:05No.666724120

そこには純白の衣をまとった美しい女性が歩み寄ってきていた。

「お嬢ちゃん、こんなところで何の用かな?」

その近くの部下が対応している間にリーダーの男は考える。

同業者にしては魔力反応が無く軽装すぎる、乗客ならば服が綺麗すぎる。

近くの村の住民が音を聞いて駆けつけてきたのだろう。

そう結論付けた。

目撃者であるならば可哀想だが手段は一つだ。

「お嬢さん、まだ爆発の危険があるから離れた方がいいですよ、たしか村はその先にあったと思います」

「そうですか、飲んでいたお酒が無くなってしまったので探していたのですが、無さそうですし仕方ありませんね」

立ち去るように指差しで通告する。

女性は言われた通り背中を向けて立ち去ろうとする。

リーダーの男の指先から魔力の塊が迸り女性の体を貫こうと迫り寄る。

 

 

 

20/02/27()23:37:20No.666724205

しかし現代の人間は殺意を隠すのが下手くそですね。

魔弾を難もなくかわしながら思う。

当の射手の方は一瞬豆食った顔をしますが、即座に周囲の男たちと共に鉄砲を乱射してきます。

ま、毘沙門天の化身たる私にはいくら撃っても当たらないですが。

しかし、槍を呼び出せないのは不便ですね。

何か使えるものは……固そうで手頃な大きさの鉄パイプがありますね、これにするとしましょう。

「まさか英霊?いや馬鹿な、英霊としての力は無くなったはずじゃないのか!」

鉄パイプで一人の頭蓋を叩き割る間に襲撃者の一人が叫びます。

「あはははは!こればかりは、当たらないものは当たらないと言うしかありません!生前からそうですし」

二人目のあばらをへし折ると再び銃弾が集中してくる。

 

 

 

20/02/27()23:37:32No.666724270

その弾丸を鉄パイプで叩き落としながら告げます。

「そろそろ飽きてきました。鉄砲なんて捨ててかかってきたらどうです?」

「加護をよこせ!こいつをぶっ殺してやる!」

挑発に乗ってきた一人が身体中を珍妙な線で光らせて突進してきます。

その突進を回避して鉄パイプを叩き込もうとふりかえると、すでに振り向き終えた男が拳を振るってくる。

サーヴァントではない身で食らえばひとたまりもないほどの威力、それが連続で放てるようです。

しかし、勝負を焦った拳は受け流すたびに乱れて来ています。

足元の残骸を崩すとたまらず男は四つん這いになる。

「貰いました!にゃぁぁあああ!」

その首筋に鉄パイプで一閃を振り下ろします。

甲高い破断音とともに砕かれるのは鉄パイプの方でした。

「なんと!まるで武蔵坊のよう固さ」

しかし、先ほどの衝撃でさらに埋まった肢体を起こす暇を与えず眼孔に破片を差し込みます。

悲鳴と共に大きく開いた口に鉄パイプの片割れを差し、体重をかけて大きく振り切り、手を離すと硬化した肉体がその姿勢のまま事切れていました。

 

 

 

20/02/27()23:37:47No.666724348

衣を汚すこと無く殺戮を繰り返す怪物を前に、多くの男が逃げ出したが、一人残らず瓦礫を飛び回る獣に食い殺される時間を短くしたに過ぎなかった。

リーダーの男はその舞踊に見とれていた。

物理的に破綻無く人間に可能な動きのみで構成されたまさに神業だ。

人の英雄、異能に頼らず己の力のみで偉業を成し遂げた者達。

それを舐めていた。英霊ではないただの人となろうとも、力を失おうとも、技量と経験は失わない。

我が相手に相応しいか見定めている防人の瞳がこちらに向く。

魔力で形成した刃で応戦するも一太刀をかわされ、首筋に衝撃を受け、意識を失った。

 

 

 

20/02/27()23:37:58No.666724405

<国連機撃墜事故の続報です。本日、犠牲になった2名の遺体とボナン共和国の首相が日本の成田空港に到着……>

「マシュ達悲しんでるだろうな」

自分の遺体の引き渡しのニュースを見ながら俺は仲間達の事を想う。

あの飛行機事故の際、俺とお虎さんは無傷で助かった。

事故原因は墜落した国の軍事訓練で発射されたミサイルの自爆機能が不発し、遠く離れた航空機に誘導してしまったらしい。

 

 

 

20/02/27()23:38:12No.666724467

気づいたときには大きな外板の上でお虎さんに支えられていた。

他の乗員は生きているのか死んでいるのか分からない、カルデアの魔力も医術の心得もない以上、出来ることは一刻も早く助けを呼びにいくことしかなかった。

慣れない肉体だったのか捻挫したお虎さんを安全な所に残し、必死に山を下った。

村に駐屯している国連の捜索隊と遭遇したのは夜が明ける頃だった。

捜索隊が場所を特定でき次第、お虎さんと共に精密検査のために病院に入院することになった。

乗員達は墜落の衝撃で即死していたと後で聞いた。

 

 

 

20/02/27()23:38:35No.666724596

念のためカルデアを出る時に用意した偽の名前には死んでもらう事になった。

情報流出を防ぐためにカルデアにも安全確保が完了するまでは死んだことになった。

「けど、偽名ってのも慣れないな」

「そういえば、そなたは名前が変わるのが始めてでしたね。最初は戸惑うかもしれませんが慣れですよ」

そういいながら多少不満げな顔をする。

「そなた達が言う上杉謙信と言う名も実はあまり実感が無いです。謙信は法名ですし、晴信には最後まで長尾と呼ばれていましたし」

「日本で名乗る虎千代が最初の名前なんだっけ?」

「よい名前でしょう?藤丸虎千代、そなたと生涯共にする名前です」

お虎さんは婚約指輪を触りながら答える。

「日本に帰ったらみんなも呼んで、ちゃんと式を挙げないとね」

退院したら日本への旅路が再び始まる。

名前を変えながら、陸路や海路を利用しながら、世界を旅する。

事故で犠牲になった人たちのためにも俺たちは故郷への旅路を進んでいく。

それが彼らへの最大の弔いだろう。

 

 

 

20/02/27()23:39:47No.666725023

おしまい

バッドエンドよりこういうのが好き

 

 

 

20/02/27()23:40:06No.666725129

>バッドエンドよりこういうのが好き

分かる!!

 

 

 

20/02/27()23:41:56No.666725761

わかる…

マシュの精神安定のためにも早めに帰還してあげて欲しい

 

 

 

20/02/27()23:42:04No.666725807

悲しい事があっても前に進んでいくのがカルデアらしくて好きよ

 

 

 

20/02/27()23:42:47No.666726033

こういうパターンは初めて見たな

いいじゃん…

 

 

 

20/02/27()23:42:50No.666726050

では犯し…あれ?

 

 

 

20/02/27()23:43:24No.666726223

>では犯し…あれ?

俺もそれだと思った

 

 

 

20/02/27()23:43:03No.666726112

いつレ〇プするのかなと思ってごめんなさい

 

 

 

20/02/27()23:44:05No.666726468

>いつレ〇プするのかなと思ってごめんなさい

残念だったなもうレ〇プは不可能だ

ちょっと激しいプレイというだけなんだ

 

 

 

20/02/27()23:47:32No.666727578

>「あはははは!こればかりは、当たらないものは当たらないと言うしかありません!生前からそうですし」

こういう本人関係ないスキル持ちは強いな…

 

 

 

20/02/27()23:51:08No.666728697

やっぱり人を救ってこそ英雄だよね…カッコ良くて好き

 

 

 

20/02/27()23:51:31No.666728798

よく読んだら通常スペックじゃないよこの人

 

 

 

20/02/27()23:53:38No.666729424

昔の人間はそんな殺意隠せる奴揃いだったのか…

 

 

 

20/02/27()23:57:45No.666730687

>昔の人間はそんな殺意隠せる奴揃いだったのか…

だってよぉ…戦国だぜ?

 

 

 

20/02/27()23:54:26No.666729693

いいじゃないの

他のボイラー女子組とのケッコンルートも見たいわ!

あとイケメン女子ムーヴのお虎さん素敵です

 

 

 

20/02/27()23:57:20No.666730564

親族への事情説明とかできれば良いのだが

 

 

 

20/02/28()00:06:51No.666733617

捻挫してこれだから凄い

 

 

 

20/02/28()00:11:44No.666735157

英霊を田舎出身だからと舐めてる時点で三流過ぎる…

 

 

 

20/02/28()00:13:44No.666735801

>捻挫してこれだから凄い

これ全部悟った上で捻挫したって言い訳で始末しに戻ったんじゃねえかな…

 

 

 

20/02/28()00:13:05No.666735588

私…私…こういうの好き!

 

 

 

20/02/28()00:15:54No.666736516

沖田さんじゃこの運命には勝てなそうだ…

 

 

 

20/02/28()00:16:55No.666736830

>沖田さんじゃこの運命には勝てなそうだ…

ただまあどれだけ失うものがあろうが敵は皆殺しにするとは思う

 

 

 

20/02/28()00:18:15No.666737308

まず墜落する飛行機からのフリーフォールを助けなきゃいかん

いやどうやったんだ

 

 

 

20/02/28()00:19:22No.666737639

落下の衝撃と同時にジャンプすれば即ちノーダメージですよ?

 

 

 

20/02/28()00:21:27No.666738308

まあカルデアのマスターは落下しても助かるジンクスあるから…

 

 

 

20/02/28()00:25:38No.666739648

深刻なサバイバーズギルトとか抱え込まない分強かだな…

 

 

 

20/02/28()00:28:37No.666740500

どこの何しようとしてた敵か知らんが送ってくる戦力大したこと無いな…